睡眠不足と昼寝の効果

睡眠不足と昼寝の効果


睡眠時間には、個人差があり
短いリズムの人も、長いリズムの人もいます。

極端な例では、2日に1回眠る人もいるそうです。


普段8時間の睡眠をとっている人が、5時間しか眠れなかったなら、
次の日は、眠くて体調もすぐれないでしょう。


これは単に、睡眠不足だと思わがちですが、
実は、毎日の生活リズムがくずれたせいなのです。


平日は、たいてい決まった時間に起きますね。
でも、日曜日には遅くまで眠り、
普段と違ったペースで過ごすことはありませんか?

そんな時、月曜日の朝がつらくはないですか?


日曜日に、あんなにしっかり休んだつもりなのに、
まだ疲れがとれていなかった。
なんて思ったりしませんか?



逆に、日曜日に普段どおりに起きて、普段どおりに忙しく過ごした時の方が、
月曜日の朝が、なんだか楽に感じませんか?


あなたも、そんな経験はないでしょうか?


生活のリズムは、崩さない方が楽なのです。


休日も、普段どおりに起きましょう。
そして、疲れたと感じたなら軽い昼寝をしましょう。


昼寝の効果についての記事を見つけました。






短時間で深く眠り、自由な時間を生み出すために、
昼寝を上手に取り入れるといいですね。


14日間短眠プログラム

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。